コロナ禍で平均残業時間が7.5時間減少、営業系での減少幅が大きい

 2020年4月の緊急事態宣言後に平均残業時間が7.5時間減少したことが総合人材サービス会社であるパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)の調査で明らかとなった。

 2020年4~6月の1万5000人の1カ月あたりの平均残業時間は20.6時間だった。緊急事態宣言前の同年1~3月の平均(28.1時間)と比べると7.5時間短い結果となった。

 職種別にみると、コロナ禍で残業時間が最も大きく減少したのは「基礎研究」(18.3時間減)、次いで「コンサルタント」(17.4時間減)、3位に「技術営業」(17.0時間減)となった。

 そのほか、残業時間が減った職種上位20位の中に多くランクインしたのは営業系の職種だった。営業系の全16職種の残業時間は2020年1~3月の期間と比べると、月平均で8.9時間減少しており、全体平均の7.5時間よりも大きく減少している。

【残業時間が減った職種 トップ10】

1位 基礎研究 18.3時間減
2位 コンサルタント 17.4時間減
3位 技術営業 17.0時間減
4位 建設/不動産の営業 15.3時間減
5位 プロデューサー/ディレクター/プランナー(出版/広告/web/映像関係)14.5時間減
6位 ITコンサルタント(アプリ) 13.7時間減
7位 生産/製造(医療系) 13.4時間減
8位 電機メーカーの営業 12.4時間減
8位 広告/メディアの営業 12.4時間減
10位 施工管理 12.0時間減

 残業時間が少ない職種上位20位の2020年4~6月の平均残業時間は14.1時間で、同年1~3月の20.7時間から6.6時間短くなっている。

 残業時間が少ない職種ランキング1位は「営業事務アシスタント」で9.2時間。2位は同じく事務/アシスタント系の「医療事務アシスタント」(10.7時間)。ほかにも5位に「一般事務アシスタント」(12.7時間)、6位に「経理/財務事務アシスタント」(13.2時間)など、上位20職種のうち半分の10職種を事務/アシスタント系が占めた。

 パーソルキャリによると「事務/アシスタント系の職種の残業時間が少ない傾向はコロナ以前の1~3月でも同様に見られ、この職種は安定して残業時間が少ないことが分かる」と指摘している。

【残業時間が少ない職種 トップ10】

1位 営業事務アシスタント 残業時間9.2時間(3.3時間減)
2位 医療事務アシスタント 同10.7時間(3.0時間減)
3位 MR 同11.8時間(8.7時間減)
4位 薬事 同12.5時間(4.2時間減)
5位 一般事務アシスタント 同12.7時間(5.6時間減)

 2020年4~6月に残業時間が多かった職種上位20位の1カ月あたりの平均残業時間は27.5時間。緊急事態宣言前である同年1~3月の37.2時間から、9.7時間減と大幅に減少した。

 残業時間の多い職種ランキング1位は、「教育/スクール」(38.6時間)で、2位は建築/土木系エンジニアの「施工管理」(36.9時間)となった。

 2020年1~3月の期間の調査データで残業時間が多い職種をランキングにすると、「教育/スクール」の順位は4位(42.0時間)、「施工管理」は1位(48.9時間)だったが、コロナ禍で順位が変動している。

 ほかにも、1~3月には2位だった「基礎研究」(43.7時間)は18.3時間の減少で15位(25.4時間)に、6位だった「プロデューサー/ディレクター/プランナー(出版/広告/Web/映像関連)」(39.7時間)は14.5時間の減少で16位(25.2時間)まで順位を下げ、このような順位の変動は「エンジニア」系や「クリエイティブ」系の職種で目立った。

【残業時間が多い職種 トップ10】

1位 教育/スクール 残業時間38.6時間(3.4時間減)
2位 施工管理 同36.9時間(12.0時間減)
3位 人材サービスの営業 同30.8時間(8.4時間減)
4位 設計監理/施工監理/コンストラクションマネジメント 同28.0時間(11.5時間減)
4位 物流/倉庫/在庫管理 同28.0時間(7.2時間減)

企業人事向け広告掲載のご相談はこちら(誌面広告、パンフ同封、メルマガ広告)

関連記事

ピックアップ

  1. 【デジタル専門業務委託サービスDigital Flex(デジフレ)】DX推進人材は業務委託で獲得、人材不足とミスマッチに終止符

  2. 【内定者・新入社員向け「グロービス学び放題フレッシャーズ」】オンライン学習ニーズの拡大で導入企業500社を超える

  3. 【兆】DX推進人材の採用を実現し、事業成長に挑む企業を支援する

ランキング

  1. 【サイコム・ブレインズ】研修動画の学習成果を診断し、自己学習を促すプログラムを提供 他

  2. 【働き方の多様化で注目される】副業・兼業の労働時間

  3. 人事部長向け専門誌「日本人材ニュース」vol.319

  4. 【5件の最高裁判決から読み解く】同一労働同一賃金における「不合理性」の判断

  5. 【兆】DX推進人材の採用を実現し、事業成長に挑む企業を支援する

  6. 【デジタルマーケティング・DX専門人材紹介 デジマージョブ】DX人材の採用激化で高まる 業界専門コンサルタントの意義

  7. 【デジタル専門業務委託サービスDigital Flex(デジフレ)】DX推進人材は業務委託で獲得、人材不足とミスマッチに終止符

  8. 【新卒採用】距離や時間に縛られないオンラインで、説明会・インターン参加者が増加

  9. 【ミドルシニアの中途採用】対応の緊急性が高い要件でミドルシニアの豊富な経験が求められる傾向

TOP