【MBAの中途採用】外資系金融・コンサルだけでなく、ベンチャー企業を志向する卒業生が増加

日本人材ニュース

キャリア インキュベーション
古屋 和彦
マネージングディレクター

 海外MBA卒業時の採用動向は、近年ほとんど変化がありません。

 外資系金融機関(投資銀行、プライベートエクイティファンド)、コンサルティングファーム(外資系・日系共に)、外資系事業会社(製薬・医療機器・消費財、IT/Tech)、ごく少数の日系企業といったところです。

 金融機関はファイナンス知識を求めますが、コンサルティングファームやファストトラック枠採用の事業会社は、スキルや経験よりも、論理的思考力・コミュニケーション力・ビジネスやキャリアに対するモチベーションなど、基礎能力の高さやポテンシャルを評価する傾向が強いです。

 一方、卒業から数年以上経過した人材向けの求人は、より経験・スキルが重視される傾向にあり、海外MBAの学位を“Must”要件として出しているものはほとんど目にしません。

 なお、国内MBAは卒業時・卒業後ともに、中途採用においてはほとんど影響はありません。(もちろんMBAでの学びが職務成果につながり転職に生きることはあると思われますが、採用要件に関わることはありません)

 かつては卒業生のほとんどが外資系金融機関かコンサルティングファームを選んでいましたが、近年はベンチャー企業を志向する人も増えており、当社が先日主催した「MBA壮行会2021」参加者のアンケート結果では、約3割の留学予定者が卒業後は事業会社への就職を希望しており、金融・コンサル・事業会社でほぼ均等になっています。

 MBA人材のほとんどが、相対的に能力が高く、チャレンジ精神が旺盛で、経営志向・グローバル志向が強く、若いうちから大きな裁量を希望する傾向にあります。また海外MBAだと金銭的な負担も大きいため、ある程度の報酬が譲れないケースが多いです。

 一般的な中途採用の延長で考えてしまうとMBA生の採用は極めて困難です。MBA生のチャレンジ精神を奮い立たせるポジションと相応の報酬を用意することが、採用成功のスタートラインと言えるでしょう。

人材コンサルティング会社&サービスガイド100選
経営・人事を支援できる優れたコンサルティング会社&サービスを周知する取り組み
キャリア インキュベーション

企業人事向け広告掲載のご相談はこちら(誌面広告、パンフ同封、メルマガ広告)

関連記事

ピックアップ

  1. 【人材マネジメントシステムRosic】時系列分析と将来予測、人事のKPIの可視化・共有を支援

  2. 【経営者JP】現場の現実感を大事にして志高き経営者をサポートする

  3. 【オンラインAI教育システム「SIGNATE Quest」】実践的な疑似体験プログラムでAI人材の育成課題を解決

ランキング

  1. 【人事職の中途採用】制度構築・マネジメント経験者、総務・法律知識まで備える人材にニーズ

  2. 【コンコードエグゼクティブグループ】デジタル経営人材の採用最新事情~なぜ、採用が難航するのか 激変する採用ブランドの実態

  3. 【アドバンテッジ リスク マネジメント】複雑な休業者情報をクラウドで一括管理 他

  4. 【働き方の多様化で注目される】副業・兼業の労働時間

  5. 【デジタル人材専門の紹介会社ウィンスリー】大手企業からDX推進人材の採用支援を依頼される理由とは

  6. 人事部長向け専門誌「日本人材ニュース」vol.319

  7. 【兆】事業成長と社員の幸せを実現する事業承継支援~優れた経営人材を紹介し、中小企業の後継者問題を解決

  8. 【2021年人事の課題】人事の重要5テーマ ジョブ型人事と労働法対応

  9. 【ワークス・ジャパン】Web面接との連携で面接調整業務を効率化 他

  10. 【内定者・新入社員向け「グロービス学び放題フレッシャーズ」】オンライン学習ニーズの拡大で導入企業500社を超える

TOP