リード・ザ・ジブン ユニクロで人材育成の責任者をやってみた。

UNLOCK POTENTIAL

UNLOCK POTENTIAL
宇佐美 潤祐
代表取締役 CEO

 「リード・ザ・ジブン」は、筆者の人生の大きな転機となった野田智義氏の「リード・ザ・セルフ」を起点にしながら、筆者がボストン・コンサルティング・グループでの組織プラクティスの責任者、ファーストリテイリング(ユニクロ)での人材育成機関FRMIC(Fast Retailing Management andInnovation Center)担当役員、アクセンチュアでの人材組織変革プラクティスの責任者等の経験を経て、試行錯誤を重ねながら磨き上げてきた“過去最高の自分を育て、仲間を育て、最強チームをつくる”ための手法です。

 「リード・ザ・ジブン」の出発点は、自分自身が一体何をやりたい人間なのかを深く内省・洞察し、“志”として結晶化することから始まります。

 そして、各個人の“志”を会社の目指している“ありたい姿”とシンクロさせ自分の仕事に意味づけをします。それを“自分事化”と呼びます。“自分事化”できると、誰かに言われるのではなく、自分の思いをベースにどんどん行動を起こすことのできる“自律自走人材”に脱皮できます。脱皮を繰り返すことにより“過去最高の自分”に進化し続けることができます。

 そして“志”を仲間と共有し、互いの志に共鳴しながら“同志”のチームとしての切磋琢磨を通じて、“仲間を育て”ます。人間は気恥ずかしいものを共有すると心理的な絆が強まります。普段飲みに行っても話さないような青臭い、気恥ずかしい“志”を互いに共有し、チームとしての絆を作ることができ、状況変化に臨機応変に対応しながら全員で攻撃ができる、VUCAの時代に勝ち残れる“最強チーム”を作ることができるようになります。

 「リード・ザ・ジブン」を1社でも多くの日本企業(グローバルな価値創出競争に取り残されています)が実践し、“過去最高の自分を育て、仲間を育て、最強チームをつくる”ことを通じて、競争優位の源泉を生み出し、グローバルに再び輝くことを願っています。

UNLOCK POTENTIAL

宇佐美潤祐 著
東洋経済新報社、1,600円+税

企業人事向け広告掲載のご相談はこちら(誌面広告、パンフ同封、メルマガ広告)

関連記事

ピックアップ

  1. 【デジタルマーケティング・DX専門人材紹介 デジマージョブ】DX人材の採用激化で高まる 業界専門コンサルタントの意義

  2. 【デジタル専門業務委託サービスDigital Flex(デジフレ)】DX推進人材は業務委託で獲得、人材不足とミスマッチに終止符

  3. 【内定者・新入社員向け「グロービス学び放題フレッシャーズ」】オンライン学習ニーズの拡大で導入企業500社を超える

ランキング

  1. 【兆】DX推進人材の採用を実現し、事業成長に挑む企業を支援する

  2. 【グローバル人材の中途採用】医療・製薬、IT・テクノロジー、コンサル、EC・デジタルマーケの営業職求人は堅調

  3. 【働き方の多様化で注目される】副業・兼業の労働時間

  4. 【マネジメント サービス センター】創業55年目を迎え、コーポレート・ロゴ刷新 他

  5. 【経営幹部の中途採用】ジョブ型雇用や成果主義の導入経験を持つ人事マネジャーの案件が多い

  6. 改正育児・介護休業法が今国会で成立、”男性優遇”の新制度は世界に遅れる日本の焦り

  7. 人事部長向け専門誌「日本人材ニュース」vol.319

  8. 【DXを加速する新人材戦略】ジョブ型導入の狙いと現実 取組企業の人事の悩み

  9. 【5件の最高裁判決から読み解く】同一労働同一賃金における「不合理性」の判断

  10. 【デジタルマーケティング・DX専門人材紹介 デジマージョブ】DX人材の採用激化で高まる 業界専門コンサルタントの意義

TOP